ガラス再生事業強化  -広島加工センター、鋼・建材設備を集約-

【呉】建材加工販売・総合リサイクル業、こっこー(本社=広島県呉市、槙岡達真社長)は2016年3月期、資源循環事業部に注力する方針で、ガラスのリサイクル体制を整える。今期中に鋼材・建材加工、ガラス再資源化を行う広島加工センター(広島県東広島市)で工場レイアウトを見直し、鋼材・建材の加工設備を集約、空いたスペースにガラス再生プラントを整備する。

広島加工センターは建材加工拠点として1998年に開設した。現在は鋼板、鉄鋼建材加工だけでなく、廃ガラスびんをカレットとして再資源化するほか、廃ガラスを原料とする軽量発泡資材「スーパーソル」の製造プラントを導入し、ガラスリサイクルを行っている。

建材加工と鋼材加工は、それぞれ敷地内の別の建屋に設備を配置しているが、建材加工に使用する成型機、裏貼り機のリプレースに合わせ建材加工設備を移設し、1棟に集約する。その後空いた空間を活用し、ガラス再生プラントの設備を進める考えだ。ガラスリサイクルに伴う加工センター周辺の環境への影響を抑制するとともに、作業効率の向上を図る。

 

前3月期業績減益に

15年3月期の売上高は130億円代前半で、減収減益となる見込み。下落の続いた鉄スクラップ相場とその後の安値推移、鉄鋼製品価格もジリ安での推移となったことが影響した。

16年3月期は売上高136億円、純利益5000万-6000万円を計画。鋼材や鉄スクラップの価格推移など不透明な要素も多いため、若干の上振れも予想する。資源循環事業部では「水銀に関する水俣条約」の発効を見据え、水銀含有廃棄物の再処理事業を手掛ける野村興産(東京都)との連携を強化し、使用済み蛍光灯のリサイクルにも力を入れる。

 

 


[2015.04.17] 産業新聞 掲載

軽量発泡資材 自動梱包ライン導入 ・3事業部制に組織改編

【呉】建材加工販売、総合リサイクル業のこっこー(本社=広島県呉市、槙岡達真社長)はこのほど、広島加工センター(広島県東広島市)に廃ガラスを材料に製造する軽量発泡資材「スーパーソル」の自動梱包ラインを設置、試験稼働を開始した。梱包を行うことでほこりなどの発生を防ぎ、周辺環境への影響を低減することが可能となる。同社は6月に3事業部へ組織改編を行い、事業体制を強化した。
広島加工センターでは、スーパーソルの開発元であるトリム(沖縄県)製のプラントを導入、同製品を製造している。これまで製品は屋外で保管しており、ほこりなどの発生による周辺環境への影響が課題となっていた。環境負荷軽減を目的に製造後、梱包を行ってから保管を行うことを決め今年3月に設置工事を開始、このほど試験稼働を始めた。今後、必要に応じて集塵装置などの追加を行う計画。またスーパーソルの原料確保の安定化とともに、廃ビンなどをそのままガラスとしてリサイクルするため、同加工センター内にカレット処理設備を新設する予定。
同社は6月1日付で組織改編を行い、3事業部制へ移行。槙岡達真氏は同日付で代表権を持つ会長兼社長に就任した。事業部は製鉄所の構内作業を手がける「製鉄事業部」、鋼材・建材の加工販売やエクステリアを取り扱う「生活環境事業部」、金属スクラップの加工処理をはじめリサイクル全般を行う「資源リサイクル事業部」に改編、取締役を1人増やし各事業部の最高責任者とする業務執行体制を採る。各事業部が主体性を持った事業展開を推進することで、収益力の向上を図る。また業容の多様化により成熟した事業と成長途上の事業が混在する中、槙岡社長が経営トップとして育成事業に注力しやすい環境を整える目的もある。
今期は2011年から始めた石材事業に注力する方針で、今年4月には自社ブランドとして「ComfyS(カムフィス)」シリーズを立ち上げた。同社の扱う景観石材を製品シリーズとしてまとめたもので、知名度の向上を図るのが狙い。「心地よい環境づくり」をテーマに今後、ラインアップを増やしていく計画で、琉球石灰岩を用いた石材を近く追加する予定。
同社の14年3月期の業績は、売上高が13年3月期比10.6%増の139億1960万円、経常利益は同期に比べ4億4500万円増の1570万円となり3期ぶりの経常黒字となった。一方、金属スクラップ加工処理を行う本社工場の建て替え、整備に伴う設備償却などの影響で、営業損失は2億4760万円。今期は金属スクラップの扱い量増加やエクステリア事業の売り上げ増を予測。前期を上回る水準の売り上げを計画し、本業での業績改善を目指す。


[2014.07.04] 産業新聞 掲載

14年3月期業績 3期ぶり黒字化

こっこーの2014年3月期業績は増収増益と、3期ぶりに黒字化を果たした。本社構内に建て替えた資源リサイクル工場・非鉄加工工場などの設備償却などが響き、2期連続の赤字決算が続いていた。前期売上高は139億1960万円で前期比10.6%増、経常利益では4億4510万円に改善した。今期はスクラップ扱い量増や建材関連の販売量増を見込み、前期プラスアルファの業績を予想する。
前期売上高順に各部門を見ると、リサイクル原料部門は前期比23.6%増の51億4340万円、製鉄所構内作業部門が同2.4%増の36億3380万円、建材部門が同24.4%増の28億3570万円、鋼材部門が同6.2減の23億90万円だった。
今期は建材営業に注力する。同社は11年の社名変更年から石材事業を開始。景観石材商品を中心に扱っており、「ComfyS」を立ち上げた。今年4月に開設した福山営業所は石材事業を中心としたエクステリア・建具の販売施工拠点であり、展示スペースを設けるなど石材事業の中心地に据えている。各出先への物流利便性が高い福山地区に、新たに石材製品の在庫拠点を設ける方針。また、廃ガラスから製造するスーパーソルの母材を安定的に確保するため、東広島の広島加工センター内にカレット処理設備を設ける予定。


[2014.06.27] 鉄鋼新聞 掲載

会社概要

新着記事

2023年11月15日
R5年度 呉市中小企業・小規模企業振興基本条例実践シンポジウムに当社社長が登壇しました。
2023年10月31日
『通年ノーネクタイ』の実施について
2023年09月01日
こっこー、経営基盤を強化 ヤード整備や太陽光設置
2023年08月30日
くれエコフェスタ2023のチラシが届きました!
2023年07月28日
市立呉高等学校1年生が工場見学に来社☆
2023年07月14日
呉市主催採用動画作成セミナーに参加してきました!
2023年06月30日
総合リサイクルの「こっこー」、「選ばれる会社」への戦略徹底
2023年04月03日
「大分営業所」新設のご案内
2023年03月07日
工場内の水銀灯をLED照明に切り替えました!
2023年02月03日
第1回ビジネスアイデアコンテストが凄いことに!!!

スーパーソル

工場見学

採用情報

インスタグラム