こっこー、災害廃棄物処理を受託

呉市から、地域復興に貢献

 

 【呉】総合リサイクルのこっこー(本社=広島県呉市、槙岡達也社長)は2018年7月の西日本豪雨災害で発生した災害廃棄物の受入管理・処理業務を呉市から受託し、資源循環事業で培った技術や保有する設備を生かし、また地元を中心とした企業の協力も得て、地域復興に貢献している。

 

 18年7月の災害発生後、呉市からの要請を受け、ボランティアとして災害廃棄物の受け入れを開始、呉市広多賀谷の災害廃棄物仮置場で可燃物と不燃物の選別作業等を行った。夏の暑さの中、土砂まみれの家具や衣類・家電・畳などが多く含まれる廃棄物の選別作業を槙岡社長は「終わりの見えない作業で、衛生的にも厳しいものだった」と振り返る。

 

 12月末には呉市から処理業務全般を受託。1月から移動式の破砕機や重機を導入したことで、作業効率は大きく改善した。

 

 19年12月までに推定の約13万㌧の災害廃棄物を処理する計画。「安全第一で処理を完了し、地域復興の力になりたい」(槙岡社長)考えだ。

 


[2019.06.07] 日刊産業新聞 掲載

会社概要

新着記事

2019年12月04日
廃棄物関係の主要許可証について、印刷できるように致しました。
2019年11月26日
こっこー、BCPの策定推進 災害時、地域復旧に対応
2019年11月07日
広島テレビ「テレビ派」の取材がありました!
2019年10月28日
SDGsってご存知ですか?
2019年10月11日
スーパーソルを鉢植えに活用♪
2019年07月30日
呉市立呉高等学校1年次生が職場見学にお越しくださいました!
2019年07月05日
西日本豪雨から1年 こっこーの取り組み「呉市の災害廃棄物処理に全力」
2019年06月14日
3期連続の増収増益目指す
2019年06月07日
こっこー、災害廃棄物処理を受託
2019年06月05日
こっこー、18年度2期連続の増収増益

スーパーソル

工場見学

採用情報