こっこー、リサイクル 裾野広げる

 資源のリサイクルや製鉄、建材加工、エクステリア商品の販売施工などを展開する。槙岡達也社長は、「総合リサイクル企業として事業の裾野を広げていく」と展望を語る。

 そのイメージを担うのが廃ガラスを軽量発泡資材に再生した「スーパーソル」。2010年に広島加工センター(東広島市)にプラントを導入して事業化した。瓶として再生できず、これまで埋め立てていた緑や青の着色瓶を粉末化し、熱処理して軽石状にする。

 軟弱な地盤での盛土材にして沈下を軽減したり、高い排水性を生かして土壌改良したりと、工場現場や家庭に使われる。「廃棄物に新たな価値を付加できる」と槙岡社長は強調する。

 水銀を含む蛍光灯、乾電池のリサイクルも手掛け、16年度からは中四国地方の医療機関を対象に水銀体温計、血圧計の回収を本格化させた。水銀の排出削減や適切な廃棄を定める「水銀に関する水俣条約」の今年8月発効を見越した対応。日山健一工場長は「世間の関心の高まりを先取りし、回収業者としての認知度を工場できた」と語る。

 さらに18年度からは木材などの産業廃棄物破砕機を導入。木製パレットや梱包材をチップ化し、バイオマス発電の燃料として販売を計画する。

 鉄スクラップで創業し、初期には取引先の経営不振のあおりで苦境に陥ったが、地域の支援を受けて立て直し、事業を拡大してきた。日山工場長は「地域とともに成長し、貢献を目指す企業文化は、社の歴史そのもの」と話す。

 11年の創業60年を期に社名を変更。本社工場も建て替え、明るい外観にした。槙岡社長は「リサイクルの需要は今後も増える。事業の将来は明るいというメッセージを発信したい」と力を込める。

 


[2017.09.28] 中国新聞 掲載

会社概要

新着記事

2019年07月05日
西日本豪雨から1年 こっこーの取り組み「呉市の災害廃棄物処理に全力」
2019年06月14日
3期連続の増収増益目指す
2019年06月07日
こっこー、災害廃棄物処理を受託
2019年06月05日
こっこー、18年度2期連続の増収増益
2019年05月16日
高校生と保護者のための企業ガイダンスに参加します!
2019年02月05日
第4回 広島県働き方改革実践企業 に認定されました!
2019年01月04日
2019年、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
2018年02月13日
呉商工会議所報「くれ」に掲載されました
2018年02月07日
あいサポート運動企業の認定をいただきました!
2017年09月28日
こっこー、リサイクル 裾野広げる

スーパーソル

工場見学

採用情報