先輩社員インタビュー

資源循環事業部 東広島リサイクルセンター
技術職 M.T

呉港高等学校 工業科出身のM.Tです。

資源循環事業部に所属し、呉市広にある呉リサイクルセンターで勤務しています。

当社へ入社したきっかけを教えてください。

学校の求人票をみていて、まずは、自宅に近い会社を探していました。

次に、自分がどんな仕事をしたいか考えた時に、重機の運転をしたいと考え、重機を運転する業務を探し、こっこーの資源循環事業部の募集をみて志望しました。

重視した点は何でしたか?

ずっと同じ作業をおこなうよりも、色々と自分で考えながら作業をおこなう方が合っていると思っていたため、業務の内容が様々あり、且つ自主的に動いて仕事ができるかを重視して選びました。

今までの業務について教えてください。

入社してすぐは、様々な企業から出たスクラップ・廃棄物を仕分け・分別する業務をおこないました。

その後、プレス機の操作・溶断・ギロチン・ラバンティ、そして国家資格であるクレーン運転の免許を取得し、現在はクレーン運転を主におこなっています。

免許や資格は、どんなものを持っていますか?入社前から持っていましたか?

入社後、多くの免許や資格を取らせてもらいました。

一年目は【玉掛け】、【床上操作式クレーン】、【ガス溶接】、【フォークリフト】を取得し、二年目は【車両系建設機械】や【アーク溶接】、三年目は【低圧電気取扱い業務】や自身の目標だった【クレーン運転士免許】も取得しました。

四年目の今年は、【特定粉じん作業】や【自由研削用といし取替業務】の特別教育を受けさせていただいたことで、現場での管理面も徐々に分かるようになってきました。

入社してすぐにスクラップについての知識をつけたり、資格を取得しながら業務にあたることは難しくなかったですか?

周りの先輩方に教えていただきながら作業をおこなっていくので、あまり難しいと感じませんでした。

重機やクレーンは、初めは操作が難しかったですが、徐々に慣れていきました。

資格取得と業務の両立は、特に難しくは感じなかったです。

あなたの将来のビジョン・目標を教えてください。

現在はまだ、経験豊富な先輩と共に現場で作業しているため、日々学ぶことが多いと感じています。

今後は、後輩社員が配属され、先輩から教わったことを自分が教える立場になります。

後輩社員から頼られる存在になること、上司・先輩からは、安心して何でも任せてもらえるような存在になることが今の目標です。

最後に志望者に向けメッセージをお願いします。

就職後に、資格取得等のスキルアップを応援してくれる会社であるかどうかは、とても大切だと思います。

最終的には、会社の為だけでなく、自分の生涯の財産にもなります。

あとは、自分が長く働ける会社かどうかを見極めて、就職先を選んでください。

戻る