製鉄事業部の通勤風景パート2

Welcome to 製鉄事業部ブログ!!

 

今回は 製鉄事業部の通勤風景パート2として 島嶼部方面から通勤されている方の、通勤風景をご紹介します。

 

我が、製鉄事業部の社員で、島嶼部方面から来ている方は、呉市の警固屋町、音戸町、倉橋町、阿賀方面等から通勤しています。

 

その中で、通勤の要でもあり、観光地としても、有名な、第1音戸大橋があります。

DSC_0011第一

今、ブログを見ている方で、呉市、またはその周辺に住まわれている方は、周知されていること・・・と思いますが、ここには数千本のツツジが植えられおり、その昔、某テレヒ歌番組゙で、とある女性歌手がツツジと音戸大橋をバックに「瀬戸の花嫁」を歌った場所で有名です(TVサザエさんのオープニングにも出た事がある橋です)

また、音戸大橋を通行する時には、今では珍しくなっている、らせん式の道路が車で通行する事が出来、先般のゴールデンウィークでも数多くの観光客が来られました。

CIMG5854 (3)

この第一音戸大橋の海峡は、「音戸の瀬戸」と呼ばれ、この海峡を開削する時に、あの、平清盛が沈む夕日を扇で招いて1日で開削したという、「日招き伝説」(今で言う「都市伝説」)的な言い伝えが残っています。。。

 

そして音戸大橋には、第2、第3と 合計3つの橋があり(第3は歩道橋ですが・・・)巷では誰もが知っている呉市の名所?となっています。

第2CIMG5876 (1)

 

島嶼部方面から来ている社員は この音戸大橋を通行しているか、その風貌を視界にいれながら通勤しており、その周辺を通行すると、街並み保存地区にも匹敵する、情緒風情な城下町のような街並みを垣間見る事が出来ます。

 

さらに、瀬戸内海を背景としてみる夕日は それはまるで映画のラストシーンに出てきてもおかしくないほど綺麗で、そして実に風流です。

CIMG5871 (1)CIMG5872 (1)

「ALWAYS三丁目の夕日」、「夕陽のガンマン」等、夕日を用いた映画は、数々あれど、瀬戸内海を眺めて見る夕日は ノスタルジーで、コクと深みと味わいが違う??

「時間よ、止まれ!」って思う瞬間ですね。

 

私たち製鉄事業部の社員は 呉市の恩恵をうけて こんな素晴らしい風景を見ながら、各方面より、日々、通勤しています。

 

「呉市」は、歴史文化の街であり、山あり、海あり、人情あり。

映画の題材になったり、映画の撮影場所になったり、住むには「最高でーーーす!」

・・・古いか(笑)

 

他所に行った時に気づくのですが、こんな歴史文化を感じながら、通勤できる事は。当たり前の風景ではないんですね。製鉄事業部社員は、感謝しながら通勤している毎日です。

 

 

それでは、また、このブログで皆様と、再びお会いできる事を楽しみにしております。

 

皆様の本日が、善き日でありますように<(_ _)>

会社概要

新着記事

2017年06月20日
H29年度QCストーリー導入研修会に参加しました!
2017年05月29日
製鉄事業部の通勤風景パート2
2017年05月01日
第88回 呉地域メーデーに参加しました!
2017年03月31日
製鉄事業部の通勤風景について
2017年02月27日
防災研修会を開催しました!
2017年02月06日
2月4日(土) 安全健康祈願に行きました!!
2017年01月19日
製鉄事業部のブログがスタートしました
2017年01月19日
製鉄事業部の清掃活動

スーパーソル

工場見学

採用情報